• 神奈川県の貸し工場と用途地域

    神奈川県は、東名高速道路、首都圏中央連絡自動車道、首都高速道路、中央自動車道といった、わが国でも有数の交通インフラが整備されたところですので、これらのインターチェンジの周辺地域を中心として、貸し工場として募集されている物件が多数みられます。


    この場合、実際に操業をすることによる業種、規模などをよく確認したうえで、適切な貸し工場物件を選択する必要があるといえます。

    千葉の貸し工場の情報を確認できるサイトです。

    神奈川県の県庁でも、実は未利用の工場用地を活用して、県内の産業の活力を高めるという目的のもとで、神奈川県内にある貸し工場の情報を集約して、データベースとして提供しています。
    しかし、県庁から提供される貸し工場物件というのは、基本的には都市計画法でいうところの工業地域や準工業地域に所在している物件に限定されてしまいます。

    朝日新聞デジタルの最新情報が揃っています。

    工場を建設する場合ですが、周辺環境を良好に保つための配慮として、法律で一定の用途区域以外での建設は禁止されています。


    ほとんどの工場が禁止されない用途地域が工業地域や準工業地域となるため、はじめからデータベースへ掲載する物件を絞り込んで、汎用的に利用できるようにしているものです。そうはいっても、環境に影響を与える可能性が比較的少ない工場であれば、準住居地域や近隣商業地域などへも建設できるため、アクセス性などを考えると、むしろこちらのほうがつごうがよい場合もあります。



    そのため、県庁の情報に加えて、不動産会社が持っている情報についても、適宜調べてふさわしい物件を探すのがよいといえます。